Recent entries
2007/03/25 (Sun) 能登で地震

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰か、「ER」のDVD貸してちゃぶだい。
シーズン最終話だってのに、とっても中途半端な状態で終わってるんで。
「LOST」とか「デスパレードな妻たち」とか「CSI」とかっていうのもヨロチク。
ついでに「24」も。
結局、どれもこれも中途半端にしか見てないもんで。
あっ、昨夜は「プリズン・ブレイク」見てる途中で寝てしまったので、その辺も有れば。
なんなら、今は懐かしき「X-ファイル」なんかでも良くってよ。
地上波では、とっくに夜中を過ぎた時間帯にしか放映されない面々、ってのが辛い。
実は、タカラヅカ専門チャンネルのスカイステージより、海外ドラマ専門チャンネル視聴希望の方が優先順位が高い訳でして。
ゴールデンタイムにやっているドラマは最近めっきりご無沙汰なんだけど、海外ドラマだけは昔っから好きなんだな。
レンタルしろって言わないで。
徒歩圏内にレンタル屋が無いのさ。
録画しろって言わないで。
アレコレつついている内に、電波がデッキ経由にならなくなっちゃったのさ。
でも私の周りだと、舞台映像は大丈夫でも海外ドラマまでは無理だろうな。

なんて独り言を言いつつ。

今日の日比谷の朝は、雨降りだった模様で。
ド派手なモノが良いってリクエストした責任をとって、霧ボンがとうとうド紫のフィールドコートに袖を通したって事らしく(笑)、自称カモ会所属の我が霧友が、実に大喜びしておりまして。
そして、舞台では、エッフェルさんの眼鏡が吹っ飛んだようで。
「横山やすしバリに眼鏡を探したりはしなかったのか?」と思った私は、物語としての「パリ空」を楽しむなんて領域からは、とっくのとうに戦線離脱している訳で。
はなっから参戦する気もないだろう、って声も聞こえてくるけど、そんな事を大っぴらに公言すると、ご贔屓さんのご機嫌を損ねかねない訳でして。

そんなこんなも、有りながら。

昨日から今日にかけて、久し振りに母と電話で話しをしてしまった。
「お母さんね、ゴールデンウィーク中に隣町でやる講習会の講師するの。お兄ちゃんも最近は長期出張とかあるから、その頃も家に居ないかもしれないの。お母さんも、痛めた腰の具合がねぇ・・・」
30分の移動の為に、3時間以上掛かる所に住むアッシーを呼んでる訳か。
どんな理屈だ。
そんな彼女は、事有るごとに「いつ帰ってくるの?」とのたまっている訳だが。
そう言えば、昨日も言ってたな。
電話してる時には「彼岸だから帰って来い」って意味だと思ったけど、どうやら「荷物をまとめて帰って来るのは、いつだ?」と尋ねてたつもりらしい。
ケッ、負けるもんか。

今日は、いつも以上に文面がだらだらしてるわ。
やっぱり呆けてるな。
スポンサーサイト

あんなの優勝決定戦じゃない(プンッ)
記憶の中の北の海や千代の富士は、あんな事はしなかったぞ(プンッ)
因果応報ってな感じで、苦笑いしてる場合か(プンプン)
ケッ、つまらん。

昔、アルコール中毒の上司が「勝ち名乗りをうける時に懸賞金を貰ってるだろう。あれって、力士本人は一口あたり3万相当だぞ。」って言ってたけど、マジっすか。
アルコールで脳がいかれちゃう前に言ってた事だから、信じてしまってるんだけどな。
ってな事で、勝負の行方以前に、懸賞の数を数えてしまう癖が。
ちょうど始まった取組みでは、懸賞の数は約40本。
(40×3万)
まわしつけようかしら。
先週のロトも惨敗だったしな。
でも、食べてデカくなるのも仕事なんてのはヤダ。
とにかく、三役以上になったら、はたき込みとか引き技とか止めてくれ。
つまらんわい。
取組みの内容で魅了してくれ。

なんてな。

久し振りのテレビ三昧。
日曜にウチに閉じこもっているなんて、なんて久し振りなんざんしょ。
お蔭で、頭が呆けてしまったわい。

それはそうと、今日は地震が。
ユ~ラユ~ラと軽い横揺れが続いたけど、それでも結構気持ち悪くなってしまった。
「ここでもう一つ大きな揺れが来たら、何を持って行こう」と思いつつ、結局そこで地震は終息したけど。
ウチに有る大事なモノっていったら・・・。
あっちにもこっちにもそっちにも、見渡す限りただひたすらに霧ボン。
とうてい持ち切れないや。
でも、このボロアパートが崩れでもしたらと思うと、もう少し片付けておかないと、ちょいと恥ずかしいな。
と思いつつ、結局テレビつけっ放しでゴロゴロしてた訳だが。

しかし。
地震特番をやってたけど、被災地が田舎だと、あっという間に地震の事なんか忘れられていくんだよな。
実際には、復興に何年もかかってるのにさ。

どうにもこうにも、下の住人がガタガタゴトゴトうるさいんだが。
何してんだ。
引越しかな。
あっ、今、ドンって音したぞ。
結構な音がしたぞ。
壁にぶつけたんじゃないのか。
壁紙ちゃんと補修しとかないと、大家さんにふんだくられちゃうよ。
下の住人さんって、もっと深夜っつーか、午前4時頃にただいま~ってパターンじゃなかったっけ?

そんな事は、どうでもいいや。
花組は、もう終わったのか?
宙組のプチお披露目は、もう後半戦なのか?
星組も、もう幕は開けたのか?
月組は・・・しかし、なっがいな。
雪だるまになって入待ちしてたのに、今や麗らかな春でござんすよ。

んな事も、どうでもいい。
アフロだ、アフロ。

で、雪組はどこに居るんだ?
そもそも、「愛の流刑地」は地上波で流しちゃいかんだろう。

農協貸切が無くて、阪急貸切がここしかないって事になると、アフロ好きとしては狙っちゃう訳で。
思い返せば、いつだっけ。
シャンテで時間潰している間に、目の前の劇場でアフロ祭が開催されてて、どんだけ悔しい思いをした事か。
アフロなんて、まだよく知らなかった時だったっけな。
思い返さば、これもいつだっけ。
エリさんの髪型に大爆笑してたら、強烈ウインク貰っちゃった事も有ったっけ。
ただただ突っ立ってる立さんに笑い転げたり。
ん、これってアフロ祭の時だっけ。
いかん、いろんな記憶がゴチャマゼになってる。
そして相変わらず、「枕」が長い。
反省。
そういえば、大事な大事な面接の時、答えている間にふと「何を質問されたんだっけ」ってな事になって、「数撃ちゃ当たる」って延々話し続けた事もあったっけ。

んな事も、どうでもいい。
お芝居の時から、なんだかテンションが高いというか。
なんだか、つっかえてた箇所が多かったような。
もはや心ここにあらず、って感じかな。
こっちも、なんならお芝居すっ飛ばしてくれても良いよってな感じだし。

遡ること、2時間ほど。
昼食付きのチケットだったのは良いんだけど、そのレストランってのが、床が動くんだわ。
地上数十メートルで、床が回ってるんだわ。
土星の輪っかみたいに、最上階のお客さんがご飯食べる端っこのテーブルスペース部分だけがクル~リと。
有楽町駅前ビルの、最上階レストラン。
あれ、実は気持ち悪かったんだわ。
どんだけ長居すれば一周するんだいって感じで、結局半周どころか1/4周程しかしなかった気がするけど。

遡ること、更に数時間。
1,2時間おきに休憩タイムに突入する、夜行バスに乗ってたんだわ。
夜行バス乗車に備えて、2日間程睡眠不足にもしておいたんだわ。
徹夜してた方が、断然楽だったように思うんだ。
かなり堪えた。

さすが、見た目倒れの虚弱体質。
この試練の連続で、軽く乗り物酔いみたいになってしまったもんで。
お芝居は楽しかったんだよ。
エッフェル@霧ボンが、アルマンド@あさこさんに持ち上げられてたし。
ただ、こっちの調子が全開じゃなかったってだけで。
ただひたすらに、アフロ祭だけが心の拠り所だった訳で。

そりゃあ、「今日はアフロやる」って噂は聞いてはいたんだけど。
一方で「アドリブ禁止令が出たらしい」って噂も聞いてたし。
園加ちゃんは、組替の際ピンクのアフロをプレゼントされたって話も、有ったような無かったような。
ショーでアフロが待ってるから、ってノリのお芝居ではあったんだけどさ。

まずソフト帽は無理っしょ。
幕開けでアフロやっちゃったら、残りの数十分がヘロヘロで舞台どころじゃなくなっちゃうし。
チャンピオン園加、じゃなくて、ダンサー祐飛君場面は、出てる人が限られるし。
ペーさんでは、やってもらっちゃ困るし(笑)。
らいよんチャンネルも全員出てないし、あさこさんのソロが待ってるし。
クラブフルムーンも野郎ばっかりだし。
シェラザードでやったら、今後一切アフロ禁止になりそうだし。
白手袋の黒燕尾は、トップさん居ないから失礼だし。

全く、いけずだわさ、アフロの登場シーンを決めた人達。
好きよ、そのいけず加減(笑)。

そういえば、ラインダンス前のタキさんの歌が「♪ワラビ餅せんべい♪」って聞えたんだが。
あそこの部分を歌いたくて、毎回耳の穴かっぽじってるから、聞き間違えは断じてない。
耳の穴かっぽじっている割には、歌詞が全く分からないんだけど、でもいつもと違うって事に間違いはない。
あれは絶対に「♪ワラビ餅せんべ~い♪」。
もしかして、それがアフロOKの最終サインだったんじゃないのか。
な~んて、思ってみたりして。

パレードで、キター!
アフロ、キター!
やっとこさ、キター!
乗り物酔い、バイバーイ!

ピンクアフロの可愛いラインダンサー達と、白アフロのエトワール達。
すずなちゃん@憧花ゆりのちゃんかな、低音でドスの効いた声で歌ったのは。
続く皆も、白アフロ。
マギー君、アフロがちょっとズレてなかったか(笑)。
祐飛君と霧ボンは、衣装に合わせて青アフロ。
かなみんは、赤アフロに、白リボンをつけて、リボンの結び目はしっかりトリコロール色で。
真打ちあさこさんは、金髪アフロ。
そして、衣装と同じキラキラした小さなシルクハットを小粋にアフロにくっ付けて、勿論こちらもトリコロール色のライン入り。
あのちっちゃなシルクハットは手作り?
もしかして、あさこさんにも専属のお衣装部さんが?
って思うほど、結構しっかりした作りに見えたよ。

霧ボンなんか、舞台前でご挨拶する時に、一瞬だけ、「どうよ」って得意げな顔してるし。
あさこさんなんか、大階段ですっごく真面目な顔して歌ってるし。
かなみん、かわえぇ~。めっちゃかわえぇ~。

おぉ~アフロよ。
愛しのアフロよ。
どっからどう見ても、妙ちくりんの集団だ。
この為だけに東上したと言っても、決して過言ではないのじゃ。
この日の夜は、霧茶。
それが、どした!
アフロはアフロ、霧茶は霧茶。
比べちゃいかん。
どっちも存分に楽しむんだから。

お願いだから、ずっとアフロ祭は続けて。
その妙ちくりんな姿で、ずっとずっと和ませ続けて。

面倒をかけた友よ、有難う。
感謝しております。
ご奉仕させて頂きます、多分(笑)。

食べたい時に食べたい物を食べた方が良いらしい。
食事制限しても痩せないらしい。
運動しても痩せないらしい。
なんたって我慢するのが良くないらしい。

と、実に都合の良い言葉しか思い出せない訳だが。

体重計の針のふり幅を見ながら、「2キロも3キロ食べてないだろうが、こら~。」ってな経験を何度も繰り返していると、「人生短いんだ。どうせだったら美味しい物食べてた方が良いんじゃないの。」ってな実に都合の良い思考回路しか働かなくなる訳で。
一日くらい日干しにしときゃ元に戻るだろう、ってよろしくない体質に変る方向で、どんどんドツボに嵌まる訳で。
霧ボンと一緒に写っている有り得ない我が姿を猛反省しても、さして長い期間その効力は発揮しない訳で。
母ちゃんも「痩せる必要なんて無いわよ」って常々言ってたし・・・。

いきなり何?って。
こんな夜の夜中に、実はかなりお腹が減ってまして。
台所に行けば、食パンなんぞが置いて有る訳でして。
おまけに、夕食のシチューなんてもんも残っている訳でして。

戦っております。
戦闘態勢に入っております。

「明日から」言ってた明日はいまだ来ぬ。
(字数的にも我ながらお見事)
って言ってる場合ではなく。

戦っているんだ、食欲と。
臨戦態勢なんだ、今。

乗り越えてごらん、きっと素敵な明日が来るよ。
明日なんて未来より、今を生きるのだ。
後悔の日々を思い出してごらん。
過去は振り返らないのだ、今を生きるって言ってんだろうが。

いろいろな周期が御座います。
人間も、所詮は動物。
いろんな周期で、いろんな本能が働くんです。
冬眠してる間に消費した体力を、ガッツリ食べて元に戻そうって時期なんです。
その為に、野っ原やお山で様々な植物も芽を出してくるんです。
冬眠してたんだ、毎年。
冬眠も春眠も夏眠も秋眠も、なんでもしてんだ。
はぁ、お腹減った。
不公平だよ、食べても太らない人が居るなんて。
いじめだよ、食べてもないのに痩せないなんて。

で。
こんな感じで仮に我慢出来たとして、だな。
明日の朝体重計に乗って増えたりしてたら、己のぐうたら振りを反省する前に、緊張の糸がプツンとキレる訳だ。

今日頑張ったら明日は5キロくらい減ってる、ってんなら、この二日坊主でも頑張れるんだけどな。


週末の覚書きが・・・。
えっと・・・阪急貸切は、予想通りアフロ祭りでした。

五巻もある超大作の、最後の一冊を読み終えた。
快挙。

読書好きではないのに。
イベント観劇の覚書きもまだだってのに。
アフロ祭りの阪急貸切も観たのに。
ボンのお茶会にも行ったのに。
それでも、週末の僅か2日間で読み終えた。
偉い、わたし。

あ~すっきりした。
昔貰った図書券が、やっとこさ役にたったよ。
五巻モノの最後の一冊だけ持ってても仕方ないから、それまでの四巻貸してくれた人にこの本をプレゼントしようっと。
用済みで、さっさと始末する為って訳じゃないから。
あくまでも、出世払いの一環だから。

で、だ。
「皆で一緒に応援しようイベント」の覚書きをしたいところだが、かなりの割合で記憶ってもんが薄れて来ている訳で。
その間に、プチ宴会で飲み潰れてるし。
その間に、オサ様の毒牙にかかっている訳だし。
その間に、サスペンス超大作の最終章も読んでる訳だし。

そこはなんとか。
愛で・・・愛で・・・。


お芝居のプロローグで、笑顔全開だった愛しの君。
嵐の場面で、長靴を脱ぎ飛ばすなんてはみ出した事をする訳もなく。
もちろん、嵐の場面でレインコート代わりに会服を着るなんて暴挙に出ることもなく。
それでも、幸せ一杯でいよいよショーへと突入。

はみ出した事はしない人だとは、存じ上げておりますが。
台本に無い事はしない人だとは、痛いほど存じ上げておりますが。
ムラの時に、ションボリ哀しい想いをしたので、過剰な期待は持たないようにしていたのですが。
それはそれ。
イタタな人間としては、やっぱり期待しちゃうじゃないですか。
あさこ師匠の教えもあるんじゃないかと、思っちゃうじゃないですか。
そりゃ、オサさん会みたいに、キャーキャーと歓声をあげる事は出来ないけど。
ロックオンポイントを幾つか決めて、いざ客席へ。

いつも以上に投げかけてくれる笑顔が、可愛い。
男役としては減点かもねってなくらい、めっちゃ可愛い。

中詰、上手からのジャンピング登場シーン。
「飛んでる、飛んでる、キャー」ってな感情は、ムラで存分に味わってるので、ですね。
拍手してる人の都合に合わせるような人じゃないんです。
拍手しててオペラ覗けなくて、その貴重な一瞬を見逃してしまう、なんて事情に配慮してくれる人じゃないんです。
申し訳有りません、オペラ覗きました。
そして頂戴しました、左目ウインク。
バチコンってな音がするウインクでした。
「やったよね。今ウインクしたよね」と思いつつ横を向くと、そこには目一杯に拍手をしている友が。
欲望に負け、誘惑のままにオペラを覗いた私。
だって、だって、ウインク・・・。

どこまでも反省しない輩は、またまた清い友の隣で煩悩の塊となりました。
白手袋の黒燕尾。
なんったって、ココでしょうよ。
やるならココでしょうよ。
カフスつついている時とか、下手上手と誘うような振り付けの時とか。
チャンスは沢山あるのよ、ボンボン。
なんて思いつつも、「ありゃ、ここでは勇気が無かったのかしらん」と軽く気が抜けそうだった時。
ハケる寸前ってか、ハケながらだから、場面としては既に終わってた時かな。
右目ウインク、頂戴しました。
煩悩の塊は、またまたオペラを覗いていました。
そして、その横には律儀に拍手する清い友が。
感動の余り滝のような涙を流しつつ、拍手をしている友が。
でも、ウインク・・・。

美味しいものは、味わってこそ美味しいと分かる訳で。
「誰にでも分かる、オペラ覗かなくても分かる《投げキス》にしてください」と、誰か言ってあげてください。
私のような煩悩の塊には、そんな事をお手紙に書く資格は御座いませんので。

いや~それにしても可愛かったなぁ。

次回もド派手な会服にしようよ。良い事あるかもよ。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぼんぐらっちゅれ~しょん, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。