Recent entries
2007/03/25 (Sun) 能登で地震

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五巻もある超大作の、最後の一冊を読み終えた。
快挙。

読書好きではないのに。
イベント観劇の覚書きもまだだってのに。
アフロ祭りの阪急貸切も観たのに。
ボンのお茶会にも行ったのに。
それでも、週末の僅か2日間で読み終えた。
偉い、わたし。

あ~すっきりした。
昔貰った図書券が、やっとこさ役にたったよ。
五巻モノの最後の一冊だけ持ってても仕方ないから、それまでの四巻貸してくれた人にこの本をプレゼントしようっと。
用済みで、さっさと始末する為って訳じゃないから。
あくまでも、出世払いの一環だから。

で、だ。
「皆で一緒に応援しようイベント」の覚書きをしたいところだが、かなりの割合で記憶ってもんが薄れて来ている訳で。
その間に、プチ宴会で飲み潰れてるし。
その間に、オサ様の毒牙にかかっている訳だし。
その間に、サスペンス超大作の最終章も読んでる訳だし。

そこはなんとか。
愛で・・・愛で・・・。


お芝居のプロローグで、笑顔全開だった愛しの君。
嵐の場面で、長靴を脱ぎ飛ばすなんてはみ出した事をする訳もなく。
もちろん、嵐の場面でレインコート代わりに会服を着るなんて暴挙に出ることもなく。
それでも、幸せ一杯でいよいよショーへと突入。

はみ出した事はしない人だとは、存じ上げておりますが。
台本に無い事はしない人だとは、痛いほど存じ上げておりますが。
ムラの時に、ションボリ哀しい想いをしたので、過剰な期待は持たないようにしていたのですが。
それはそれ。
イタタな人間としては、やっぱり期待しちゃうじゃないですか。
あさこ師匠の教えもあるんじゃないかと、思っちゃうじゃないですか。
そりゃ、オサさん会みたいに、キャーキャーと歓声をあげる事は出来ないけど。
ロックオンポイントを幾つか決めて、いざ客席へ。

いつも以上に投げかけてくれる笑顔が、可愛い。
男役としては減点かもねってなくらい、めっちゃ可愛い。

中詰、上手からのジャンピング登場シーン。
「飛んでる、飛んでる、キャー」ってな感情は、ムラで存分に味わってるので、ですね。
拍手してる人の都合に合わせるような人じゃないんです。
拍手しててオペラ覗けなくて、その貴重な一瞬を見逃してしまう、なんて事情に配慮してくれる人じゃないんです。
申し訳有りません、オペラ覗きました。
そして頂戴しました、左目ウインク。
バチコンってな音がするウインクでした。
「やったよね。今ウインクしたよね」と思いつつ横を向くと、そこには目一杯に拍手をしている友が。
欲望に負け、誘惑のままにオペラを覗いた私。
だって、だって、ウインク・・・。

どこまでも反省しない輩は、またまた清い友の隣で煩悩の塊となりました。
白手袋の黒燕尾。
なんったって、ココでしょうよ。
やるならココでしょうよ。
カフスつついている時とか、下手上手と誘うような振り付けの時とか。
チャンスは沢山あるのよ、ボンボン。
なんて思いつつも、「ありゃ、ここでは勇気が無かったのかしらん」と軽く気が抜けそうだった時。
ハケる寸前ってか、ハケながらだから、場面としては既に終わってた時かな。
右目ウインク、頂戴しました。
煩悩の塊は、またまたオペラを覗いていました。
そして、その横には律儀に拍手する清い友が。
感動の余り滝のような涙を流しつつ、拍手をしている友が。
でも、ウインク・・・。

美味しいものは、味わってこそ美味しいと分かる訳で。
「誰にでも分かる、オペラ覗かなくても分かる《投げキス》にしてください」と、誰か言ってあげてください。
私のような煩悩の塊には、そんな事をお手紙に書く資格は御座いませんので。

いや~それにしても可愛かったなぁ。

次回もド派手な会服にしようよ。良い事あるかもよ。
スポンサーサイト

あのフィールドコートを着てると、劇場というよりどっかの競技場に居るみたいだ。
拍手してると、「ナイスファイト!」と声援しているようだ。

とはいえ、生まれてこのかた熱血体育会系畑で育った身としては、全く違和感はなく、どちからというと落ち着くんだが。
ディナーショーですらジーパン姿で行った身としては、特に恥ずかしいとかって感情は無いんだが。
年相応の恥じらいも持たないと・・・。
TPOってもんも、そろそろ身につけないと・・・。
まっ、そんなこんなも、全ては宝くじが当たってからの話になるんだが(笑)
そう言いながら、周りを気にしすぎるって性分も克服しないとな、なんて今回の事とはちょいと別次元の考えも持ちつつ。

沢山の会員さんと一緒に霧ボンを応援する、ってイベントに参加。

何も期待しない・・・10%
何かしてください・・・100%
何もしないと無理やり思い込む・・・120%

微妙だ。
実に微妙だ。
最近は富にご機嫌さんだったので大きな期待を胸に臨んだムラ公演で、思い切り打ちのめされて悲しんだ記憶がトラウマとなり、「どこまでも舞台を追求する舞台人なんだよ」と言い聞かせた日々。
「ジェンヌじゃなーい」「分かってなーい」と泣き叫んだ日々。
忘れはしないけど、それでも、惚れた弱みってヤツですかねぇ。
凝りもせず、またまた参加してしまった。

お芝居プロローグ。
ライトを浴びた霧ボンは、いつもの笑顔でお客様を迎えます。
そして、視線を二階へ。

笑ってる。
「あははっ、着てはるわ」って顔して笑ってる。
貴女が希望したんじゃなかったんですか、会服は目立つモノで、って。
シャカシャカと音がしないよう、動きが妙にスローモーになっちゃうじゃないですか。
そりゃあ、薄暗い客席では分かりにくいとは思うけど、そうは思うけどですね。
そこは、痛いファンですから。
いつもとは違う異様な雰囲気くらいは分かるでしょうよ、と思っちまう訳ですわ。
見えてるでしょうよ、って思っちゃう訳ですわ。
ぶっちゃけ、見えてて欲しい、って思う訳ですよ。
抑えきれないって感じの笑顔をしてたじゃないですか。
随分と的確に二階席に視線を投げていたじゃないですか。

なんて事も思いつつ。

あぁ、その笑顔を見ているだけで、幸せでございます。
現役時代の貴女の舞台姿を見る事が出来て、幸せでございます。
私も頑張ろうって思いました。
そしてら、なんだか泣けてきた。
幸せを感じて泣けてくるなんて、なんて素敵な体験なんだ。

なんだか、エッフェルさんがいつもより張り切ってる気がする。
妙にオーバーリアクションになってる気がする。

いかん。
イタタ度が、ますますアップする。

そんなこんなで、幸せ感一杯で見事寝不足を払拭し、お芝居完全制覇の観劇で、いよいよショーへと突入。

貴女は、晴れ女だった筈。
たとえ局地的とはいえ、たとえ自分の頭上だけとはいえ、だ。
会員がずぶ濡れで待ち続けていても、貴女が車に乗り込んだであろう時と会員の前に現れる時は、雨なんて気にならないくらいのレベルにはなっていたではないですか。
ずぶ濡れの会員を見て、涼しい顔でケラケラと笑ってたじゃないですか。

今回の東宝での雨率、高いっす。
雨に濡れた身に、あのビル風は堪えるっす。
寒いです。
凍えます。
虚弱体質なので、入り待ちにして既に体力残量がエンプチーでしゅ。
お手紙もグジュグジュです。
会服の扱いでさえ手間取ってるのに、その上に傘や合羽まで。
お腹空いて倒れそうだから早くご飯食べたいのに。
それ以上に・・・。
お片付けしている間に、他の月組っ子が楽屋に入っちゃうじゃないですか。
他のジェンヌさんの入り見物に間に合わないじゃないっすか。
それなら、凍死覚悟でずっと待ってるから、一番最後に入って、ダ~リン。

なんて愚痴りつつ。

でも良いの。
雨の日バンザイ!
雨だと、会服羽織ってくれるもん。
霧友の目撃も含め、すでに4回は羽織っている模様。

楽屋口付近で会服落とすくらいなら、楽屋口付近で肩からずり落とすくらいなら・・・。
しっかりと袖を通さんかい!
なんて野暮な事は言いません。
会服を手にするなんて、快挙としか思えないもの。
しかも、複数回も。

あぁ~どうしたんだ。
何が貴女をそうさせているんだ。
レインコートを持参していないだけなのか。
はたまた、余程気に入ったのか。
派手で見分けが付きやすいモノが良いと言った手前、そのド派手な会服を着ている会員が哀れで、責任を感じているのか。

な~んて事をつらつら思いつつ。

とうとう客席でも、フィールドコートを着てしまった。

私、諸事情ございまして。
揃えないといけない書類がこれまた結構手間が掛かりそうなんで、今夜はちょいと忙しいのですが。
さっきまで種々の書き物をしてたら腱鞘炎になりそうだったので、とんずらこいてPCを突付いてるんでやんすが。

さてと。
ただ単に、かなりの筆圧だから手首が疲れちゃっただけ、なんて事はひとまず部屋の隅に放り投げて、だな。

早くも、大坂侍の観劇予定を立てねばなりません。
なにせ、霧ボンのイタタなファンですから。

アレがアレだから、ココとココを観るでしょう。
で、コレがコレだから、ココも観るでしょう。

恐ろしや。
最低でも、二日間で怒涛の三公演連続観劇っすか。

どうせだからって、ココも観ちゃうと。
・・・・・・・。

手帳を閉じさせて頂きます。
既に薄れ掛けている花組観劇の感想も、後日にさせて頂きます。
感想を一言だけ残すなら。
ポチトマトが、沢山沢山舞っておりました。
腱鞘炎になっても良いから、今は書類を揃える事に精を出します。

大好きです、ヒロム様。
涙が出そうです。

なじぇにあの場面で台詞が追加されてるわけよ。
その直後によくもエッフェル@霧ボンにミミ@かなみんへの恋の歌なんぞ歌わせたもんだ。
台詞で説明せずとも、アルマンド@あさこさん&ミミの場面を追加すりゃ良いじゃん。
ミミがアルマンドに惚れてるなんて、これっぽっちも知らないで、ただひたすらミミを想うのがエッフェルさんらしいんだからさ。
プロローグ削りゃ、その時間が出来るし。
それから、ただただ夢の世界へと誘ってくれる冒頭数分間の説明台詞場面を全面カットしてくれないかな。
アルマンドと一人一人昔話すりゃそれで良いじゃん。
ついでに、もう少し綺麗な語句を選んでもらえないかね。
「儲かる」の連発とか。
欲を言えば、女性蔑視もやめてくんないかな。
「熨斗をつけて差し上げる」とか。
だいたい嵐ごときで倒れそうな塔ってのもどうかと思うんだけど。
更に血だらけで支える塔ってのも、ねぇ。
そもそも結果的にはエッフェル塔は建設された訳だし、たいしたお金も残ってなかった訳なんだから、「最初から騙すつもりでした」って言われてもな。。。
あれか、ペテン師だったってのが最初から嘘だったのか?


なぁんてどうにもならない事をタラタラ言いながらも、結局は東宝くんだりまで行ってしまう私も私だが(笑)
霧ボンが出てりゃ、それで良いのさ。

月組っ子の居ないムラは、そりゃあもう別世界だもん。
私は詳しくは知らないの、他の組は。


雨がなんだ。ビル風がなんだ。夜行バス2泊がなんだー。
しかし、日比谷はことのほか寒いじゃないか。
風邪ひくかと思ったよ。
薄着で行った私が馬鹿だった。
それでもホッコリ温かい気持ちで帰ってこれたのは、ひとえに霧ボンに会えたから。
ん、これぞ正しいファンの有り方(笑)。


4月1日まで公演が有るのか。
・・・長いねぇ。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぼんぐらっちゅれ~しょん, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。