Recent entries
2007/03/25 (Sun) 能登で地震

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰か、「ER」のDVD貸してちゃぶだい。
シーズン最終話だってのに、とっても中途半端な状態で終わってるんで。
「LOST」とか「デスパレードな妻たち」とか「CSI」とかっていうのもヨロチク。
ついでに「24」も。
結局、どれもこれも中途半端にしか見てないもんで。
あっ、昨夜は「プリズン・ブレイク」見てる途中で寝てしまったので、その辺も有れば。
なんなら、今は懐かしき「X-ファイル」なんかでも良くってよ。
地上波では、とっくに夜中を過ぎた時間帯にしか放映されない面々、ってのが辛い。
実は、タカラヅカ専門チャンネルのスカイステージより、海外ドラマ専門チャンネル視聴希望の方が優先順位が高い訳でして。
ゴールデンタイムにやっているドラマは最近めっきりご無沙汰なんだけど、海外ドラマだけは昔っから好きなんだな。
レンタルしろって言わないで。
徒歩圏内にレンタル屋が無いのさ。
録画しろって言わないで。
アレコレつついている内に、電波がデッキ経由にならなくなっちゃったのさ。
でも私の周りだと、舞台映像は大丈夫でも海外ドラマまでは無理だろうな。

なんて独り言を言いつつ。

今日の日比谷の朝は、雨降りだった模様で。
ド派手なモノが良いってリクエストした責任をとって、霧ボンがとうとうド紫のフィールドコートに袖を通したって事らしく(笑)、自称カモ会所属の我が霧友が、実に大喜びしておりまして。
そして、舞台では、エッフェルさんの眼鏡が吹っ飛んだようで。
「横山やすしバリに眼鏡を探したりはしなかったのか?」と思った私は、物語としての「パリ空」を楽しむなんて領域からは、とっくのとうに戦線離脱している訳で。
はなっから参戦する気もないだろう、って声も聞こえてくるけど、そんな事を大っぴらに公言すると、ご贔屓さんのご機嫌を損ねかねない訳でして。

そんなこんなも、有りながら。

昨日から今日にかけて、久し振りに母と電話で話しをしてしまった。
「お母さんね、ゴールデンウィーク中に隣町でやる講習会の講師するの。お兄ちゃんも最近は長期出張とかあるから、その頃も家に居ないかもしれないの。お母さんも、痛めた腰の具合がねぇ・・・」
30分の移動の為に、3時間以上掛かる所に住むアッシーを呼んでる訳か。
どんな理屈だ。
そんな彼女は、事有るごとに「いつ帰ってくるの?」とのたまっている訳だが。
そう言えば、昨日も言ってたな。
電話してる時には「彼岸だから帰って来い」って意味だと思ったけど、どうやら「荷物をまとめて帰って来るのは、いつだ?」と尋ねてたつもりらしい。
ケッ、負けるもんか。

今日は、いつも以上に文面がだらだらしてるわ。
やっぱり呆けてるな。
スポンサーサイト

あんなの優勝決定戦じゃない(プンッ)
記憶の中の北の海や千代の富士は、あんな事はしなかったぞ(プンッ)
因果応報ってな感じで、苦笑いしてる場合か(プンプン)
ケッ、つまらん。

昔、アルコール中毒の上司が「勝ち名乗りをうける時に懸賞金を貰ってるだろう。あれって、力士本人は一口あたり3万相当だぞ。」って言ってたけど、マジっすか。
アルコールで脳がいかれちゃう前に言ってた事だから、信じてしまってるんだけどな。
ってな事で、勝負の行方以前に、懸賞の数を数えてしまう癖が。
ちょうど始まった取組みでは、懸賞の数は約40本。
(40×3万)
まわしつけようかしら。
先週のロトも惨敗だったしな。
でも、食べてデカくなるのも仕事なんてのはヤダ。
とにかく、三役以上になったら、はたき込みとか引き技とか止めてくれ。
つまらんわい。
取組みの内容で魅了してくれ。

なんてな。

久し振りのテレビ三昧。
日曜にウチに閉じこもっているなんて、なんて久し振りなんざんしょ。
お蔭で、頭が呆けてしまったわい。

それはそうと、今日は地震が。
ユ~ラユ~ラと軽い横揺れが続いたけど、それでも結構気持ち悪くなってしまった。
「ここでもう一つ大きな揺れが来たら、何を持って行こう」と思いつつ、結局そこで地震は終息したけど。
ウチに有る大事なモノっていったら・・・。
あっちにもこっちにもそっちにも、見渡す限りただひたすらに霧ボン。
とうてい持ち切れないや。
でも、このボロアパートが崩れでもしたらと思うと、もう少し片付けておかないと、ちょいと恥ずかしいな。
と思いつつ、結局テレビつけっ放しでゴロゴロしてた訳だが。

しかし。
地震特番をやってたけど、被災地が田舎だと、あっという間に地震の事なんか忘れられていくんだよな。
実際には、復興に何年もかかってるのにさ。

食べたい時に食べたい物を食べた方が良いらしい。
食事制限しても痩せないらしい。
運動しても痩せないらしい。
なんたって我慢するのが良くないらしい。

と、実に都合の良い言葉しか思い出せない訳だが。

体重計の針のふり幅を見ながら、「2キロも3キロ食べてないだろうが、こら~。」ってな経験を何度も繰り返していると、「人生短いんだ。どうせだったら美味しい物食べてた方が良いんじゃないの。」ってな実に都合の良い思考回路しか働かなくなる訳で。
一日くらい日干しにしときゃ元に戻るだろう、ってよろしくない体質に変る方向で、どんどんドツボに嵌まる訳で。
霧ボンと一緒に写っている有り得ない我が姿を猛反省しても、さして長い期間その効力は発揮しない訳で。
母ちゃんも「痩せる必要なんて無いわよ」って常々言ってたし・・・。

いきなり何?って。
こんな夜の夜中に、実はかなりお腹が減ってまして。
台所に行けば、食パンなんぞが置いて有る訳でして。
おまけに、夕食のシチューなんてもんも残っている訳でして。

戦っております。
戦闘態勢に入っております。

「明日から」言ってた明日はいまだ来ぬ。
(字数的にも我ながらお見事)
って言ってる場合ではなく。

戦っているんだ、食欲と。
臨戦態勢なんだ、今。

乗り越えてごらん、きっと素敵な明日が来るよ。
明日なんて未来より、今を生きるのだ。
後悔の日々を思い出してごらん。
過去は振り返らないのだ、今を生きるって言ってんだろうが。

いろいろな周期が御座います。
人間も、所詮は動物。
いろんな周期で、いろんな本能が働くんです。
冬眠してる間に消費した体力を、ガッツリ食べて元に戻そうって時期なんです。
その為に、野っ原やお山で様々な植物も芽を出してくるんです。
冬眠してたんだ、毎年。
冬眠も春眠も夏眠も秋眠も、なんでもしてんだ。
はぁ、お腹減った。
不公平だよ、食べても太らない人が居るなんて。
いじめだよ、食べてもないのに痩せないなんて。

で。
こんな感じで仮に我慢出来たとして、だな。
明日の朝体重計に乗って増えたりしてたら、己のぐうたら振りを反省する前に、緊張の糸がプツンとキレる訳だ。

今日頑張ったら明日は5キロくらい減ってる、ってんなら、この二日坊主でも頑張れるんだけどな。


週末の覚書きが・・・。
えっと・・・阪急貸切は、予想通りアフロ祭りでした。

友人宅に立ち寄ってCSを堪能。
違う、訂正。
ブリリアントなF犬を肴に、いつものようにプチ宴会を開催。
あっ、彼はあくまでもスペシャルゲストだったか。

コメントしないゲストかよ、なんてツッコミをしつつ。
霧ボンに対して、彼には飼い主だなんて認識無いよね、なんて失礼な発言を連発しつつ。
気が付けば、かなりの空き缶が並んでおりました。
普段殆んど呑まないけど、肴がすこぶる美味かったからね。

たらふく食べてしこたま呑んでるくせに、なんとかって外人さんのダイエットDVDで頑張ろうって事に。

何度目だろう、こういう話。
お茶会までに、だの。
千秋楽までに、だの。
ツーショットを撮るまでに、だの。
相変わらず、学習しないわ。

ゼリーみたいな栄養補助剤は、おやつ代わりにしてしまいました。
一生懸命膨らましたバランスボールは、オブジェとなりました。
水をたらふく飲んでお腹を壊し、外出先でエライ目に遭いました。

そんなこんなで日付も変わる頃、次のお鍋をつついてた。

もうすぐお茶会だ。

『立ちションするのは止めてください。』

場所を選べ、場所を。
ったく。
しかし、若いお兄ちゃんだったな。
惜しい事した。

あぁ頭痛が酷くなる。
吐き気もしてきた。
変なモン食べたんだろうか。

いかーん。
エッフェル塔建設現場に行かねばならないのに。
私も血だらけで支えたいの~。
エッフェル塔を支えてるギスターブさんを支えるの~。

ふと思う。
今回は、客席であのフィールドコートを着なけりゃなんないんだろうか。
かなりガサガサと音がするので、他のお客様にご迷惑だと思うのですが。
でも、嵐の場面で愛しの君が羽織ってくれると、確実に狂喜乱舞する者が出てくるとは思うのですが。
雨降ってる出待ちでは、レインコート代わりに羽織ってるじゃん。
いいじゃん、いいじゃん、舞台上も嵐の設定じゃん。
一緒に着ようよ。

まっ、んなこたぁ、有る筈が無い。

しかしするってぇと、そのコートの下にはTシャツがよろしいんでしょうか。
そうすると出待ちで確実に凍える。

するってぇとなんですか、下には長袖がよろしいんでしょうか。
そうすると客席で確実に沸騰する。

小学生の頃の、馬鹿みたいに元気な体が欲すぃ。
真冬の体育の時間に走り回って湯気たてても、決して風邪なんてひかなかったあの頃に戻りたい。
仕方ない。
花の道でも大活躍したカイロを背中に張りまくって、防御するか。

コートの下にTシャツ着て、いざ劇場へ。
「客席では、コートは着なくて良いですよ(ニコッ)」
なんて言われたら、私はカイロが透けて見えるTシャツ姿で観劇するんですか。

それもまた一興。


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ぼんぐらっちゅれ~しょん, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。