FC2ブログ


Recent entries
2007/03/25 (Sun) 能登で地震

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 県境のトンネルを抜けると、そこはマイナス9℃の世界だった。

 ご機嫌霧矢氏の入待ちをしたかったので、車&新幹線を使用。かなり進化してるって話を聞いていたので、ワクワクした気持ちを抑えきれずに早めに自宅を出発。

 道端には除雪しきれなかった雪が残っているので、どうしても道の中央に寄ってしまうのは仕方ないんだけど、対向車がデカイと衝突しそうで恐いのなんのって。しかも頻繁にトラックが通る道だし、ツルツル滑る道だからブレーキ踏むのは出来るだけ控えないといけないし。大体、トラックは中央線なんか無視して、オイラの走行車線にはみ出して来てるじゃないか。
 遠慮ない侵略者とギリギリですれ違う度に、「お前なんか嫌いだ~」と、わめきながら運転。何度叫んだことか。あれって、結構車外に聞えるんだよね。

 新幹線乗り換え地まであと20分くらいかな~と思っていた矢先、道端に人影ひとつ発見。
 なにせ、道端で見掛けるのは野ジカ(野生の鹿ね。居るんだからホントに。)くらいな時間に、人影って・・・。瞬時に徹夜明けの頭をフル回転。
  「見えないものが見えてるんだろうか。」
  「危ない人なんだろうか。」
  「窓を開けたら、ゴツイ手がワサッと・・・とか?」
 恐怖に怯えつつも、やおら両手をブンブン振り始めた人影の先を見ると、数台の大型トラックが数珠繋ぎで上下線とも完全に道を塞いでた。警察車両もなかったし、オイラの他に行き場を失って困っている車も無かったので、スリップ玉突き事故の直後に通りかかったんですな。急な下り坂のS字カーブで、道はツルツルしてたからねぇ。
  「ほんとに、お前なんか嫌いだ・・・」

 「入待ちするんだよ~。新幹線に乗るんだよ~。」と半泣きしながらも、「田んぼ道なんか、雪で走行不可能だったらどうするんだ。」とナビを無視して暫し逆戻り。
 探検はしておくもんですな。県境を抜けるもう一本の国道への抜け道を思い出しましたわ。時間的にも余裕じゃないっすか。イヤむしろ、新幹線の待ち時間が少なくなって丁度良い位ですわ。
 「思い出させてくれたご先祖さまさま。」

 予定していた新幹線に乗り込むべく駅のホームに立った途端、今度は「・・・なお、途中、雪で徐行運転をしております。」とのアナウンス。
 「誰だよ、しょっちゅう雪で徐行しなきゃならない所に新幹線通したの。どの政治家だ!」

 座席も確保し、「マイナスのパワーを引き寄せるから、怒らない怒らない。15分送れなら勘弁してやるさ。オイラも大人になったもんだわ。」と携帯アラームを名古屋到着予定の10分前にセットして、爆睡開始。
 しか~し、目覚めても、まだまだ名古屋に着く気配なし。「なんで?」と思っていると、「雪での徐行並びに京都駅での停電により遅れております。ご迷惑をお掛けしております。」とのアナウンス。
 「なにか行く手を阻む力が働いてるんだろうか・・・。そうまでして行かせたくないんだろうか・・・。」
 結局、25分送れで名古屋に到着。なんだ、ここでも余裕じゃん。

 しかし、あれだけ回り道してどうして余裕で名古屋に着いたんだろう。どうして、特段の理由も無いのにあんなに早い時間に自宅を出発したんだろう。

 この日だっけな、目の前でお手紙受取中の霧矢氏のコートが、ず~っとオイラの手に触れてたの。

 オイラ思った。「オイラには何かついてる。有難う!存分に楽しむわ~。」
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ぼんぐらっちゅれ~しょん, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。