FC2ブログ


Recent entries
2007/03/25 (Sun) 能登で地震

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 タカラヅカに嵌まって1年ちょいかな。かなりイタタになりました、おいら。嵌まり度数と比例して、どっかへいっちゃう度数もアップしてる(もちろん自分比)。最近、そう思う。特に昨日の日記とか。

 自分、変。
 でも、抜群に楽しい。
 そういう事ね。


 思うに。(唐突に、話変わります)
 ウォルター@霧矢氏とミック@ささらんは、兄弟じゃダメなんだろうか。この配役なら、兄ウォルター、弟ミック。配役気にしなければ、弟ウォルターの方が良いな。
 何処行っても実にタイミング良く現れるし、何でも知ってるし、ベクトルがウォルターに向きっぱなしだしって、ミックはなんだかとってもストーカーな訳で。
 何故にストーカー?→この世で二人きりの兄弟愛ゆえに。
 良いじゃない、タカラヅカの舞台は、愛で溢れてこそよ。

 妖精達には、お芝居の間ずっと、どこかしらに誰か出てきてもらって戯れてもらう。可愛いし、夢々しい世界のタカラヅカにはもってこいよ。
 ただし、人間には、一切妖精の話し声は聞えない、一切妖精の姿は見えない。でも、この5人の事はずっと見守ってて、所々で少しだけ手助けするって事で。ピクシー@みっちゃんには、常時イタズラしてもらってさ。
 だったら、あのすっとこどっこいな忍者が使うような四角い布で姿隠すふりしなくていいし、束にした花を、見てて恥ずかしいくらいにフリフリしなくていいし、あの扮装・・衣装でもいいや。タイトルに出てきても違和感無いだろうし、少なくとも総スカンにはならないだろうし。
 妖精王の宝石云々は、カット。
 5人に対する、妖精たちの親のような愛。
 良いわー、ここでも愛で溢れさせて。

 終盤、シャノン@かなみんが話してた子どもの頃の旅回り一座のくだり。あれ、お芝居の冒頭で、実際に再現してくれないかな。もちろん子役はかわゆい下級生担当。
 最初に立ち上がり「僕は信じてるよ!」って言いたかったのはウォルター。でも、彼がモジモジしてる間に、立ち上がって第一声を叫んじゃうパトリック。仲間達と一緒にはしゃぐパトリックを、楽しそうに&誇らしげに見上げるシャノン。そんな二人の姿に、ほんの一瞬だけ表情を曇らせるウォルターと、兄弟ゆえにその一瞬の表情の意味に気付くミック。ヤンヤヤンヤと飛び回るティモシー。
 この時、妖精たちは、踊って歌ってイタズラして。
 芝居小屋の外は、荒れ狂う波、吹き荒ぶ風の冬。

 ウォルターのどうしても越えられない壁→パトリック
 恋でも越えられない壁→パトリック

 良いじゃん、良いじゃん。
 台詞で説明しなくったって、いろいろ伏線引けるじゃん。

 で、奈落へと姿を消した5人に代わって、妖精王@じぇい氏せり上がり登場。歌って銀橋渡って、アイリッシュダンスへなだれ込む。プロローグBのニューヨーク場面は全面カット。
 あっ、そうすると霧矢氏のダンスパートナーはさららんか・・・。いいや、アイリッシュダンスの場面好きだから、登場人物の相関図とは関係なくダンスしちゃって。

 パトリックが、シャノンへの己が愛に気付く場面も欲しいな。
 
 延々と台詞で説明されると眠くなるからさ、適当に視覚的に見せちゃおうよ。そのうえで、台詞カットして、想像で遊ぶ余地を残してくれれば良いよ。


 ま、繋がりとか何とか色々無視して、てんでバラバラに、思いつくままに遊んでみただけなんだけどさ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
残り49日 「0」

Commented by maze at 2005-11-18 15:58
自分変=ファンの鏡!

Commented by sakich-tay at 2005-11-18 21:43
貴女も変=ファンの鏡!
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ぼんぐらっちゅれ~しょん, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。